プレスリリース

2017.07.25 新規設備を導入!名古屋テストラボを増強いたしました。

この度名古屋テストラボに「低クロストーク振動試験装置」を新たに導入致しました。
近年要求が高まっているEV・EHV関連の試験品に対し加振方向以外の振動成分を出来るだけ低減させるためのシステムを設置致します。治具設計をIMVが行い、水平テーブルの軸受全体が上下する機構を設けることで、供試品+治具(+水平テーブル可動部)を含む全体の重心位置を、加振軸に合致させる事が可能になり、又、拘束性の高い新しい軸受を使用することでクロストークの低減を実現いたしました。
一方、近年需要が増えてきている高加速度試験に対応する為、Hi-g(高加速度)振動試験装置を試験室Aに新たに導入。さらに、新たに長期複合振動試験室を設けることで、長期間の試験に本格対応ができるようになり、お客様の様々なニーズに対応できる環境が整いましたので是非ご利用ください。