プレスリリース

2018.05.23
工場IoT向け新製品/解析ユニット「ラムダバイブロ」活用セミナー
~手軽に振動データ収集から状態監視システムの構築までをサポート~

IoTの活用先として注目されているのが設備機械の状態監視です。
「振動」に着目することが一般的ですが最適な測定・解析方法にはコツが必要です。
この度60周年をむかえた振動専業メーカーが、IoTでのシステム構築を意識した診断ユニット/ラムダバイブロを新発売いたしました。 今回はラムダバイブロでのデータ収集方法からBIツールを活用し状態監視システムとして提供する「ラムダバイブロ分析パッケージ」までデモンストレーションを交えてご説明いたします。
デモンストレーションではラムダバイブロ分析パッケージのダッシュボードに簡単な設定を加えることで、更に振動データを様々な観点で自由分析できるところもご紹介します。

<対象>
工場・ビルなどで機械の状態監視の導入をご検討されておられる方
設備機械の状態監視システム構築をご検討されておられる方

<開催概要>
参加費   :無料
主催    :IMV株式会社
共催    :NTTテクノクロス株式会社 / Yellowfin Japan株式会社
開催日時  :2018年6月27日(水)14:00~17:00(受付13:30~)
会場    :IMV株式会社 本社 セミナールーム
会場住所  :大阪市西淀川区竹島2-6-10
JR東西線 加島 徒歩約5分
http://www.imv.co.jp/company/map/index.php#01

<セミナープログラム>
1. 振動測定と機械の状態監視の解説/IMV
2. ラムダバイブロの概要・特長・デモンストレーション/IMV
3. BIツール/Yellowfinのご紹介/Yellowfin Japan
4. 工場IoTソリューション「ラムダバイブロ分析システム」/NTTテクノクロス
4. 個別商談会(ご希望の方のみ)

※内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

お申し込みはこちら

本イベントの問い合わせ先

ご不明な点がございましたら(akiyoshi@imv.co.jp)にお問い合わせください。

※同業および競合会社からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございます。