IoT向け製品

IoT振動診断ユニット Λ-Vibro -ラムダバイブロ-(VM-8018)

各種振動ピックアップや電圧信号の接続が可能で、振動診断に必要な解析演算を内部にて処理します。処理された結果は、CSV形式ファイルとして装置内部に保存され、クラウド等で集積しグラフ化することができます。

IoT向けプリアンプ内蔵加速度ピックアップ(VP-100)

特長

■ エッジコンピューティングによる振動解析
■ 波形、FFT、OA(トレンド)を任意の周期で同時計測・記録
■ 各種センサ入力対応
■ 外部トリガによる振動計測 / 時間予約による振動計測
■ WiFi / Ethernet等多様な通信が可能
■ IMVフォーマットファイル生成(テキスト形式データ配列)

製品概要

  • 多様なセンサに対応
    一般的な回転機械用の加速度センサー(VP-100M)以外にも低速回転機械用VP-8013や電圧入力にも対応し 振動以外のパラメータも取り込めます。 (最終ページ参照)
  • 診断に適したデータ保存
    定期的に加速度・速度・変位・ エンベロープ加速度それぞれのPeak・rmsの値を一括ファイル保存。FFT・加速度波形も最大51.2kHzのサンプリングレートで、きめ細かなデータを収録します。
  • データのアクセスが簡単
    OSにWindows®10 IoT Coreを採用。同一ネットワーク上からラムダバイブロ内のフォルダおよびファイルにアクセスが可能です。ファイルはCSV形式なので直接データを確認できます。

製品概要

ラムダバイブロ内の測定ファイル構成

  • フォルダ
    フォルダ
    OA・FFT・波形ファイルは個別フォルダに保存されます
  • ファイル
    ファイル
    OA(振動レベル):1ch / ファイル 測定毎に更新されます
  • 加速度波形:8ch / ファイル 測定毎に生成します
    FFT:8ch / ファイル 測定毎に生成します
オプション波形表示ソフトウェア MD-8018
ラムダバイブロのファイルをグラフ表示します
  • 波形表示
    波形表示
    加速度波形データを元に速度・変位の波形に変換、BFPなどの設定が可能です。
  • FFT表示
    FFT表示
    ラムダバイブロのFFTデータをグラフ化します。 故障原因毎の卓越周波数成分との照合が可能です。
解析オプション機能
… 基本機能の他に設備診断に有効な機能を追加できます。
  • トリパタイト
    : FFTの結果を元に加速度・速度・変位・周波数の相関を表示
    FFT
    : ラムダバイブロの加速度波形データを元にした柔軟なFFT分析
    リサージュ
    : 直交する2つの振動データを元に作成する平面軌跡図
    配管振動評価
    : 配管のクランプ部の劣化を評価するSwRI基準を搭載
  • 動作PC要件
    OS
    : Windows7、Windows10
    CPU
    : Core i5相当以上
    メモリ
    : 8GB以上
    HDD
    : 128GB以上

保存データフォーマット

ラムダバイブロの内部メモリーには次の3つの種類のデータが自動保存されます。
いずれもCSV形式のファイルですので、直接内容を確認でき様々なシステムに活用できます。

  • OA(振動レベル) 拡張子 :imvoa
    OA(振動レベル)  拡張子 :imvoa
  • FFTデータ例 拡張子 :imvff
    FFTデータ例  拡張子 :imvff
  • 波形データ例 拡張子 :imvfw
    波形データ例  拡張子 :imvfw

システム構成例

機能 手動管理自動管理
概要 手動でラムダバイブロ内部のデータをPCに転送し管理・診断を行うことができます 自動でサーバー/PCにラムダバイブロ内部のデータを収集し監視・診断を行います
必要なオプション Databaseソフトウエア/DS-8018 状態監視オプション/CMS-8018
状態監視(警報表示)
警報メール
トレンドグラフ表示
波形表示 (実測された加速度)
波形加工
(速度・変位・エンベロープ 加速度に変換)
FFT
精密診断支援
統計分析
ファイル管理
手動管理
都度データ収集し確認する場合
オプションDatabaseソフトウェア DS-8018
複数のラムダバイブロのデータを手動で取込み整理保存し、傾向管理、精密診断をサポートします。
  • OA
    OA(振動レベル)  拡張子 :imvoa
  • FFT
    FFTデータ例  拡張子 :imvff
  • 波形
  • 手動管理
    クラウドまたはオンプレミスで状態監視
  • ネットワークに接続されたラムダバイブロのデータをクラウドサーバーあるいはオンプレミスのファイルサーバーに保存しオンラインの状態監視システムとして構築
自動専用サーバー管理
構内に専用のサーバーを建てて運用。複数台のラムダバイブロでの運用が可能。
データの監視を自動で行い、警報値を超えた監視点をメールなどで通知します。簡易診断、精密診断画面も確認できます。
自動専用サーバー管理
クラウドサーバーにて運用。オンプレのサーバーが不要になるため手軽に運用可能。
自動専用サーバー管理
ラムダバイブロにクロスケーブルを直結あるいはLANで接続し、PCに自動格納。
オプションラムダバイブロ分析パッケージ
  • 監視エリア表示
    OA(振動レベル)  拡張子 :imvoa
    クラウドサービスの場合、遠隔地に点在する場所を一覧で管理できます。 どの場所で警報値を超えた監視ポイントがあるかがすぐ把握できます。
  • 監視マップ表示
    FFTデータ例  拡張子 :imvff
    サイト一覧で選択した工場内のラインなどを一覧で管理できます。
  • トレンドグラフ
    OA(振動レベル)  拡張子 :imvoa
    指定した監視ポイントのOAデータを多角的に表示します。
  • FFT分析・ヒートマップ
    FFTデータ例  拡張子 :imvff
    FFT結果及び時間による変化をヒートマップで表示します。
柔軟に解析をサポート
本システムはBIツール/Yellowfinで構築していますので、お客様のアイデアを具現化させる様々な分析が行えます。
  • 高度な関数
    OA(振動レベル)  拡張子 :imvoa
  • 複雑な絞り込み
    FFTデータ例  拡張子 :imvff

仕様

  • 基本仕様

    項目 仕様
    アナログチャンネル 8Ch (最大 ± 15 V)
    サンプリング分解能 16Bit (逐次型)
    サンプリング周波数 51.2 kHz
    (チャンネル同時サンプリング対応)
    接続ピックアップ VP-100M, VP-8013, VP-8013S,
    CA-3021
    ICP出力 3.5 mA / 24 V
    TEDS読込 あり
    トリガチャンネル 1Ch (入力) 最大 24 V
    チャンネル端子形状 HD-BNC (MicroBNC)
    機能ポート USB2.0 typeB (ホストモード)
    有線LAN (ファイル共有)
    無線接続 WLAN 802.11b/g/n (ファイル共有)
    搭載OS Windows®10 IoT Core
    表示LED 赤緑、橙青 (2LED)
    電源 AC100~240V (ACアダプタ)
    サイズ / 重量 63 (H) x 250 (W) x 210 (D) mm /
    2.5kg (突起物含まず)
    使用温度範囲 -10~50℃
    保存容量 32GB (標準), 64GB (オプション), 128GB (オプション)
  • 計測仕様

    項目 仕様
    計測対象 加速度 : m/s2, gal (1.0.0以降), g (1.0.0以降)
    速度(演算値): mm/s, 変位(演算値): μm, 電圧 : V, mV, μV
    サンプリング
    レート
    51200sps, 25600sps, 12800sps, 10240sps, 6400sps, 5120sps, 3200sps, 2560sps, 2048sps, 16000sps, 1280sps, 1024sps, 800sps, 640sps, 512sps, 400sps
    電圧レンジ ±2.56V, ±5.12V, ±10.24V, ±20.48V
    計測時間 0.1s ~ 10.0s
    トリガ 外部トリガ及び予約トリガでの計測スタート
  • 付属品

    • ・ ACアダプタ
    • ・ WiFiアンテナ

外形図 (単位:mm)

外形図