小型振動試験装置

PETシリーズ

卓上でのシュミレーションに最適。
様々な卓上での試験にお使いいただけます。
PETシリーズ

お問い合わせ

特長

■手軽
持ち運びが容易です。
■振動制御器対応
振動制御器を接続すると難しい任意の振動試験が実施可能となります。

供試品取付ネジ位置(単位:mm)

供試品取付ネジ位置

仕様表

名称 小型振動試験装置
システム総合型名 PET-01-OA PET-05-05A PET-05H-05A



振動数範囲(Hz) 2~12000 2~14000 5~40000


正弦波(N) 9.8 49 49
ランダム波(N rsms)
ショック波(N)
最大加速度(m/s2) ※1 326 326 258
最大速度(m/s)
最大変位(mmp-p) 5 5 5
最大搭載質量(kg) テーブル支持バネ定数による
所要電力(kVA) ※2 0.08 0.1 0.1




型名 PET-01 PET-05 PET-05H
テーブル支持方式 ダイヤフラムバネ ダイヤフラムバネ ダイヤフラムバネ
テーブル支持バネ定数(kN/m) 9.8 15.6 15.6

可動部質量(kg)

0.03 0.15 0.19
可動部寸法(φmm) 12 30 30
寸法(mm)W×H×D 75×72×75 116×115×116 116×115×116
質量(kg) 1.3 5.0 5.0








型名 PET-OA PET-05A PET-05A
最大出力(kVA) 0.03 0.045 0.045
寸法(mm)W×H×D 300×140×280 300×140×280 300×140×280
質量(kg) 9 9 9

方式 自然空冷 自然空冷 自然空冷








システム総合型名 PET-01-OAM PET-05-05AM PET-05H-05AM
電力増幅器
寸法(mm)W×H×D
300×140×280 300×140×280 300×140×280
電力増幅器質量(kg) 9.3 9.3 9.3
振動数範囲(Hz) 5~5000(加速度センサVP-32使用時)
加速度測定範囲(m/s2) 10、100、1000
入力センサ感度(m/s2) 1.0~9.99
  • ※1. 無負荷時の仕様です。加速度センサ及び取付アダプタを使用する場合、最大加速度が制限されます。
  • ※2. 所要電源:AC100V±10%, 50/60Hz(左記以外の電源・電圧の場合はお問い合わせください。)
  • ※ 総合仕様の数値はシステムの最大能力を表記しており、保証期間内の連続使用をお約束する数値では有りません。
    耐久試験は最大能力の70%程度を目安に計画してください。それ以上でご使用の場合はIMVにお問い合わせください。
  • ※ 振動数範囲は使用するセンサと発振器等により異なります。

お問い合わせ