企業情報

会社概要
経営理念
投資家情報
取引先企業一覧
採用情報
品質管理
iso 17025
CSR(環境・社会貢献)
アクセスマップ
IMVシンボルマーク

採用情報

IMVってこんな会社!

私たちは熱意と独創性にあふれる振動のプロです。

IMVの魅力はここ!

人工衛星イメージ

人工衛星にも、市販のジュースにも使われています。

取締役と社員

開発現場に取締役がやってきて、一緒に悩むような会社です。

詳しくは、PDFでご覧いただけます。

事務所紹介

東京営業所と横浜サテライトオフィスのご紹介をいたします。

東京営業所

築地駅から徒歩2分 アクセス良好な場所です。

エントランス

エントランス/事務所入り口/ビル入口

洗練されたデザインの広いエントランスがお客様をお迎えします。エレベーターで4階にあがると、ロゴがお出迎えします。

ワークスペース

ワークスペース

スタッフ同士がコミュニケーションを取りやすいよう、広々とした空間にしています。

フリースペース

フリースペース その日の気分や仕事内容に合わせて場所を移動しながら仕事をすることができます。

WEB会議用ルーム

WEB会議用ルーム 防音仕様なので主にWEB打ち合わせで使用します。

会議室

会議室

明るい光が差し込む窓があり、リラックスしながら会議に臨むことができます。モニターも完備。

IMV cafe / フリースペース

コーヒー・紅茶など好きなドリンクを飲みながらスタッフがコミュニケーションを取っています。

屋上

IMV cafe / フリースペース

スカイツリーの見える最高なスポットです。ランチや休憩時に飲み物やデザートを食べながら気分転換したり、メンバーとの会話を楽しんだりすることができます。

スタッフ

屋上

東京営業所長より 「東京営業所は2020年12月に今のオフィスに移転しました。お客様と電話する声やスタッフ同士の会話など声と笑顔で溢れる社内で日々の業務を行っています。お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!」

東京営業所長

スタッフ

横浜サテライトオフィス

ベンチャーやものづくりに携わる企業、自治体、教育機関などが集う共創空間「Yokohama Hardtech Hub」にIMVの横浜サテライトオフィスがあります。

エントランス兼ミーティングスペース

エントランス兼ミーティングスペース

世界各地のイノベーター(革新者)が集まり打ち合わせをしたり、ランチをするなどのコミュニケーションスペースです。

建屋内

建屋内

クレーンや電源等のユーティリティの他、8メートルを超える天井高さ、高い地耐力など、ハードテック企業のモノづくりに対応できる設備を有しています。

IMVの作業スペース

IMVの作業スペース奥の試験機で実験をしたりベンチャー企業をはじめとする志高い仲間との意見交換をしています。

IMVの作業スペース

IMVの作業スペース

社員インタビュー

DSS事業部 営業本部 大阪営業所
奥野 舞子
2019年4月 入社

奥野 舞子さん

業務内容

振動試験装置および受託試験の営業です。

振動試験装置を導入検討されているお客様のご要望にあった適切な試験機を選定、御提案します。
その他にも既に試験機を所有しているお客様に装置の更新や点検を推奨します。
受託試験のご依頼の場合、テストラボとお客様の間に入り、日程や金額の調整をします。
また、上記のようなニーズがないか、代理店や、既存顧客を回るのも一つの仕事です。

1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

自宅から奈良へ直行(車移動)

10:00

振動試験装置導入に向けて商談

11:00

移動

お昼休憩 (12:00~12:45)

13:00

既存顧客訪問 お困りごとをヒアリング

13:30

移動

14:00

帰社後、事務作業(提案書作成、見積書作成等)

18:30

退社

IMVへの入社を決めた理由

ニッチな業界で、シェア一位

「日本のモノづくりを支えている」なくてはならない会社

「基本的に、IMVの方みんな優しい」と聞き好印象

大阪で働きたい

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

現状にとどまらない姿勢。振動試験装置の開発製造だけでなく、競合となるシミュレーション技術の開発にも取り組んでいる。

様々な業界のお客様と関われる。振動のプロとして頼ってもらえる。

弱いポイント

部門を兼任する場合が多い。(営業部 兼 マーケティング部)

女性社員の割合がまだ少ない。

就活生へのメッセージ

名前は聞いたことがないけれど、社会貢献度の高い技術を持った企業がたくさんあります。是非、聞いたことがない会社ほどよく調べてみてください。

どのように社会と関わりたいかについて考えると企業で働く自分を想像しやすいと思います。といっても知らないことを想像するのは難しいので、先輩社員にどんどん質問してください。知ってください。

テストラボ事業本部 大阪テストラボ
小西 紅葉
2018年4月 入社

小西 紅葉さん

業務内容

お客様の製品を預かり、振動試験をはじめ色々な試験を行います。

その他試験を行うための見積作成や、試験結果をまとめた報告書の作成なども行います。

1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

お客様の試験対応

お昼休憩 (12:00~12:45)

12:45

昼礼

13:00

お客様の試験対応

17:00

見積や報告書などの作成

17:40

定時

基本的に試験業務は9:00~17:00ですが、進捗などによっては19:00頃まで対応する場合もあります。 また、全く現場に出ない日もあります!

IMVへの入社を決めた理由

いろいろな業界と関わることができる

会社見学で雰囲気が良かった

世の中に出回る前の製品が見れる!

できれば大阪で働きたい

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

チャレンジする機会が多い

振動だけではなくいろんなことが学べる

残業代が1分単位で出る

弱いポイント

女性社員の割合がまだ少ない。

就活生へのメッセージ

私はいろいろな企業へ見学に行ったり、説明会に参加しました。
コロナ禍で見学はなかなかないかもしれませんが、是非多くの企業の説明会に参加してみてください。なんとなくでも面白そう、と思う企業があるはずです。その中でIMVに興味を持ってもらえると嬉しいです。

IMVで一緒に働きましょう!

DSS事業本部 設計部 機械設計課
制野 晃志
2017年新卒入社

制野 晃志さん

業務内容

機械設計課

振動発生機および加振治具の設計、発注を担う部署

1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

構想作業 お客様の仕様に合わせて装置の設計を行う

11:00

発注準備 製造を担うパートナー企業への図面の用意

お昼休憩 (12:30~13:15)

13:15

WEB会議

15:00

休憩

15:15

現場問い合わせ対応 図面や仕様、手配品に関して現場からの問い合わせに回答

16:00

発注作業 事務作業 製造依頼に伴う事務作業

17:00

休憩 毎週水曜日はノー残業day

18:00

図面化手配 製図を担うパートナー企業への依頼作業 自分で製図しない場合も!

19:00

ドキュメント作成 お客様へ製品と共に納入する仕様書や取扱説明書の作成

20:00

終業

IMVへの入社を決めた理由

幅広い業界と関わることができる
・自動車、航空、宇宙、鉄道、電機、食品、薬品 etc.
知ってる企業もたくさん!友達の企業にも!

需要が安定してる
・耐久試験はものづくりをする上で必要不可欠。
今後も振動試験機の需要は安定していると思った。実際、コロナ禍でも需要はある!

面白そう!
・6軸方向の加振、温度と湿度を管理すれば、
理論上、地球のどんな環境も再現して試験できる!単純に興味がわいた!

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

一貫してものづくりに関われる
・設計だけではなく、現場に行ったり、実験したり、商談に関わったり。
(設計だけをするわけではないので、様々なことを経験できる機会がある。)

自分の裁量でできる範囲が広すぎる
・自分の力で会社のルールや、設計の標準を変えることができる。
・設計という枠にとらわれず、様々な部署の業務にも手を出せる。

チャレンジできるチャンスが多い
・意見やアイデアを言いやすい環境。
(ミスしても!というような経験の場を多く用意されている。)

弱いポイント

オーダーメイドに対応する
・お客様の振動試験に合わせて設計を行うため、毎回異なる設計になること。
(お客様がIMVを選ぶ強みだが、設計からすれば毎回の新規設計は弱み)

他業種の景気の影響を受けやすい
・様々な業界のお客様はいるため、他業種の景気の影響は受けやすい。
・特に輸送機械は多くのお客様がいるため、より影響を受けやすい。
・様々な業界のお客様がいるおかげで、影響を緩和できることも。

アナログが残ってる
・作業も記録もほとんどがデジタルが主流だが、作業上どうしてもアナログなやり方をしている部分がある。
(大企業では自動化している部分もまだ手作業になっていることも。)

就活生へのメッセージ

自分の譲れないものを決めよう
・やりがい、職種、金銭面、勤務地、時間など就職活動する上での軸を決めましょう。

実際の現場を見てみよう
・実際、働くことでイメージと違うことがあるかもしれないです。
ギャップを減らして、自分の働く姿を鮮明にすると満足できる就活になると思います。
一番いいのは見に行くことです。実際の現場も見せてもらえるといいと思います。

メリハリをつけよう
・身体的にも精神的にも無理せず、体調に気をつけて頑張ってください。
仕事と休みのメリハリは社会人になっても大切です。
健康より優先すべき仕事はありません。

テストラボ事業本部(e-TCJ)
伊藤 大佑
2016年4月 入社

伊藤 大佑さん

業務内容

お客様から依頼されるさまざまな試験を引き受け、それらの内容検討、及び試験対応がメイン業務になります。

IMVの主力製品の加振機を使った振動試験はもちろん、私が所属する「日本高度信頼性評価試験センター」では温度試験、塩水噴霧試験、EMC試験など、あらゆる環境試験に対応出来る環境が整っており、それらの試験コーディネートをする事が大きな役割です。

1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

出社、1日のスケジュール確認/メール処理

9:30

テストラボ業務(試験対応)

11:00

Web打合せ(次の試験の内容確認)

15:00

報告書作成(完了した試験の内容をまとめる)

18:00

退社

IMVへの入社を決めた理由

技術営業・テストラボエンジニアの業務を選択出来たため。
技術職でありながら顧客に接する事の出来る仕事を希望していました。

マニュアルな業界ですが、トップシェアで、あらゆる製品を支えてるという点がカッコイイと思いました。

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

若い人の意見を聞いてもらえる雰囲気があります。

手当や補助が手厚い所、有給休暇も取りやすいです。

弱いポイント

意見の無い人は目立たなくなります。

就活生へのメッセージ

就活は大変ですが、将来の選択なので少しでも楽しんでもらえればと思います。

また自分を見つめ直す機会ですので、凝り固まらず「こっちも面白そうだな」と柔軟な考え方を持って活動してみてください。

IMVも面白い会社ですので、ぜひ検討してもらえれば嬉しいです。

営業本部 東京エンジニアリングサービス部
金子 廉
2015年4月 入社

金子 廉さん

業務内容

エンジニアリングサービス部とは、客先製品の保守・メンテナンスを行う職業です。

客先へ出向き、保守点検や不具合修理、時には営業職のような新たな製品の提案業務も行います。

1日のスケジュール

振動試験機不具合修理の一日

8:30

事務所へ出社し、先輩と合流。社有車で客先へ移動

9:30

客先に到着。製品の修理作業

お昼休憩 (12:00~12:45)

15:00

修理完了 お客様へご報告 今後のメンテナンスに対する御提案

16:00

事務所へ帰社 見積書作成等の事務処理

18:00

退社

IMVへの入社を決めた理由

振動加振機という分野でトップシェアであること。

振動を通して世の中の安全を守っている企業。縁の下の力持ちという印象を受けた。

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

社員が少ないため、責任感のある仕事ができる!チャレンジができる会社です。

様々な会社の世の中にまだ出ていない製品を見ることができる!

海外での仕事もあります!

弱いポイント

社員が少ないため、一人ひとりの負担が大きい。

忙しいときは残業、休日出勤もあります。(残業代、代休制度あり)

就活生へのメッセージ

大学時代に成し遂げたとこをアピールすることも大事ですが、自分のことを知ってもらうことも意識してください。この人と一緒に仕事したい!と思ってもらうことも大事だと思います。

色んな業界、色んな会社、色んな職種をたくさん見てください。世の中には普通に生活していたら知ることもない会社がいっぱいあります。ぜひそのような会社にも興味を持ってみてください。

理系だから設計・開発職という概念は捨ててください、 接客のバイトが楽しかった!席に座っていると眠くなる。。という方は営業職やサービスエンジニア職をお勧めします!

品質保証部 製品改善係
兼 DSS事業本部 機械設計部 設計課
兼 営業本部マーケティング部
佐々木 亮
2015年4月 入社

佐々木 亮さん

業務内容

品質保証部 製品改善係

不具合・クレームの対応(調査・報告)を行います。

DSS事業本部 機械設計部 設計課

装置及びその部品の設計・製図(機械系)を行います。

営業本部マーケティング部

新製品の販売戦略検討、市場調査を行います。

1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

予定確認・メールチェック等、勤怠入力(毎月全社朝礼有)

9:30

クレーム調査、資料作成

お昼休憩 (12:00~12:45)

12:45

昼礼(当日業務予定等連絡)

13:00

図面改訂

15:15

内部監査報告書作成

17:40

定時

※予定・業務量に応じて残業あり【休憩17:40-18:00、残業18:00~】

IMVへの入社を決めた理由

やりがいのある仕事
世の中の様々な製品の安心・安全を支える
・自動車・重工・航空・電気・食品メーカーetc…
・各メーカーの最先端に関われる機会もある

働きやすい環境
立地条件が良い
・工場、設計が全て本社 大阪に集約
・国内営業所、サービスセンター:東京、大阪、名古屋

会社の成長性
国内・海外問わずトップシェアの会社
・海外拠点:イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、タイ、ベトナム


インテックス大阪での合同会社説明会の隙間時間に、偶然説明会に参加し、設計部所属の先輩社員と個別で相談させていただいたときに魅力を感じた

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

設計する1台の装置で得られる達成感
・担当する装置1台につき、基本的に機械設計・電気設計各1名で設計する(他の会社は、各パーツごとに部署があるため、一部しか設計できない)
・設計と工場が同じ敷地内にあり、設計したものを直接見れる

意見の通る会社
・設計する上で発言権があり、チャレンジする場がある
・社内改善活動として、若手意見交換会がある

職場環境
・他部署との連絡が取りやすい、孤立せずに相談しやすい雰囲気

弱いポイント

規定やルールが曖昧な部分がある
中小企業で、大手企業のような体制ではない アナログな部分もある

特殊機も多く、過去の装置の仕様を確認するのに苦労する

就活生へのメッセージ

自分に取っての理想の働き方は?
・IMVは中小企業だが自分の裁量が多く、その分結果・達成感が得られやすい
・休日の過ごし方など、就職してから仕事以外は??

コミュニケーションをためらわない
・自分の意見をはっきりと持って、人に左右されず意見を述べられるように
・会社説明会は一番質問しやすいチャンス、聞きたいことはこの機会に!

研究内容や専攻を気にしない
・基礎の知識があれば、研究内容は気にしなくてもいい
大学時代に研究していた内容とIMVの業務内容は直接関連していませんでした 大学の必須講義を受けていれば、あとはやる気でカバーすればいい!

IMV先端技術研究所 研究課
周藤 睦人
2013年4月 入社

周藤 睦人さん

業務内容

振動試験機の自己診断機能の開発

故障が発生してから修理依頼が行われることで生じる振動試験機のダウンタイムの短縮を主な目的として、試験機稼働時のデータを取得・解析することで故障時期の予測や原因の絞り込みを行うシステムの開発を行っています。

1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

予定の確認・メールチェック・前日の日報入力など

9:30

業務

お昼休憩 (12:00~12:45)

12:45

業務

15:00

休憩

15:15

業務

部署の性質上、典型的な業務内容というものが示しにくいのですが、主に振動試験機の自己診断機能開発のための実験の計画・実施・データ解析や、自己診断機能のソフトウェア開発を行っています。

また、全社的に残業削減を進めており、IMV先端技術研究所では残業は原則ゼロとなっています。業務の都合で残業が発生した場合は、フレックスタイム制度を利用して余裕のある日に出社を遅らせたり、早めに帰宅するなどしています。

IMVへの入社を決めた理由

幅広い業界と関わることができる!
自動車・航空・宇宙・鉄道・電機など、様々な業界と関わる可能性があります。

あらゆる製品開発に必要不可欠な技術が身に付く!
ほとんどの製品は使用時・運搬時などに振動に晒されるため、製品開発において振動関連技術は今後も長く必要とされると考えられます。業務を通してそういった技術を習得できるのは大きなメリットだと思います。

大学で学んでいた内容を活かせる!
私の場合は物理専攻のため振動の基礎を理解しており、それを活かせる業務をしたいと考えていました。もちろん入社してから基礎を学ぶ人も多いので、学ぶ意欲があれば問題ありません。

IMVのおすすめポイント/弱いポイント

おすすめポイント

早い段階から個人の裁量で判断を任せてもらえる範囲が広いため、成長を実感できる場面が多くやりがいに繋がっています。

技術系の部署は大学の研究室に近い雰囲気で、フレンドリーな人が多いため、他部署の人や目上の人でも気軽に相談できます。

弱いポイント

個人で業務を抱え込みすぎてしまう場合もあるため、自ら積極的に上司と情報共有することが重要だと考えます。

就活生へのメッセージ

私が就活中に意識して行っていたことは、社会人向けの技術系のニュースサイトをチェックすることです。IMVのように、学生の知名度は低いものの面白い技術を持った企業がたくさん見つかるはずです。

ニュースを見たり、説明会に参加したりして、できるだけ多くの企業を知った上でIMVを選んでいただければ嬉しいです。

IMVで一緒に働けることを楽しみにしています!

新卒用エントリー
こちら