IMV CORPORATION テストラボ 受託振動試験 / テストラボ

受託試験事例集

検索結果

1 の試験事例があります。

プロペラ航空機のラックに取り付ける電子機器の受託試験事例

航空・宇宙関連 正弦波試験 RTCA/DO-160D

RTCA/DO-160D Environmental Conditions and Test Procedures for Airborne Equipment (http://www.rtca.org ※下記にリンクあり)、8.7 Robust Vibration Test Procedure-Fixed-Wing Aircraft: Curve Mを適用

試験概要

■ 供試品
80mm×220mm×H150mm、6kg

■ 専用治具
14kg

■ 臨界振動数※1調査
Curve M、1oct/min、1往復(13min)、3軸、加振中供試品動作変化を監視。

■ 臨界振動数
X軸2点、Y軸2点、Z軸3点を検出した。
※1)振動応答が2倍を超える共振振動数又は供試品動作に変化が発生する振動数。

■ 臨界振動数耐久試験
各臨界振動数で30min加振、順次3軸。

■ 掃引耐久試験
Curve M、1oct/min、加振中応答を記録し共振振動数変化を調査及び供試品動作変化を監視。
X軸(3h-13min-2×30min)=1h47min Y軸(3h-13min-2×30min)=1h47min
Z軸(3h-13min-3×30min)=1h17min

RTCA/DO-160D, Curve M 正弦波試験条件

RTCA/DO-160D, Curve M 正弦波試験条件

垂直加振Z/水平加振X

垂直加振Z/水平加振X

試験事例の参照リンク先はこちら

試験メモ

使用試験設備
水平振動台付振動試験装置:i220/SA1M/H6
振動制御器:K2 ソフトウエア Sine
専用治具:15kg
試験使用期間/作業時間
8時間/2日

PageTop