PR情報

なるほど!振動試験
振動で予知保全!
なるほど!地震計
IoTで実現するBCP強化
2分30秒でわかるIMV
製品プロモーション映像
エコロジー
メールマガジン
導入事例

Chapter1 予知保全とは

予知保全とは、工場内の機械や設備の不具合や故障の兆候を事前に「予知」し部品を交換・修理することを言います。 機械や設備が故障するときは、何らかの「兆候」があります。その兆候を事前にキャッチし、故障を未然に防ぐ保全業務を行います。
「故障の兆候」を確実につかむことができれば、故障時にかかる費用(部品代や人件費など)を確実に削減でき、かつ、設備・機械の稼働率も向上します。 類義語として「予兆保全」「状態基準保全」または「状態監視保全」などがあります。

機械設備の状態が悪化すると…
機械設備の状態が悪化すると…
機械設備が故障すると…
機械設備が故障すると…

そのためには振動計による簡易診断、精密診断が最適

ページのTOPへ