振動制御器

K2 Sprint

K2 Sprint

コストパフォーマンスを追及した振動制御器
K2の性能・特長をすべて受け継ぎながら、2チャネル専用ハードウエアを用いることでコストパフォーマンスを追求したモデルです。モニターチャネルを1チャネルしかご使用なられない場合に最適です。
【K2との仕様の違い】
●入力チャネル 2チャネル(増設不可)
●出力チャネル 2チャネル(増設不可)

お問い合わせ 振動試験装置でお困りの場合(FAQ)

特長

特長

■優しいユーザーインターフェース
直感的な操作性

[直感的な操作性]イメージしやすいアイコンを採用しオペレートをサポート。

簡易定義

[簡易定義]一般的なテスト定義は「簡易定義」機能で画面に従い指示するだけで実行可能。

ヘルプ

[ヘルプ]充実したヘルプ画面で語句の意味やシステムの詳細を解説。

■使い勝手の良い機能
Webモニター

[Webモニター]加振中の画面をLAN上のPCでモニター。

レポートジェネレーター

[レポートジェネレーター]任意の試験結果やデーター・グラフを自由なレイアウトでMicrosoft Word形式に保存。

スケジューラ

[スケジューラ]実行スケジュールの定義を実施し、定義されたスケジュールを順次実行。

■高い制御能力
高分解24ビットのA/D、D/A コンバータを採用し、高い制御能力を実現しています。
■強力な保護機能
ソフトウエアを全く介さず、ハードウエアのミュート機能で即座に出力信号を遮断します。
■E-Mail 配信機能
加振中の異常や終了を任意の宛先にメールでお知らせ。
■データ保存
定義条件・試験結果情報をCSV形式で出力。

ソフトウェア

ソフトウェア

共通オプションソフトウェア 概 要
CAPTURE
(アナログ波形信号採取プログラム)

アナログ波形信号を取り込み、波形データとし保存し、SHOCK・BMACの目標波形あるいは
波形データのPSD分析を行いRANDOMの目標PSDとして活用可能

■サンプリング周波数 最大51200Hz
■波形採取長 最大5000kポイント
■入力チャネル 最大64チャネル
■波形編集分析機能 フィルタ処理・周波数変換・PSD 変換・チャネル間伝達率計算
SCHEDULER
(テストスケジューラー)
定義された試験の実行スケジュールの作成及び実施
集中管理システム 複合システムでの振動試験機と恒温恒湿槽を統合した試験の管理・スケジュール定義
及び実施
TCP通信サーバーオプション 外部アプリケーションがTCP/IP経由でのコマンドの送受信によって、K2アプリケーションの操作及び加振データや動作状態の取得等をできるようにするTCP通信サーバソフトウェア