温湿度環境振動試験装置

工業製品を取り巻く環境には温度・湿度をはじめとする気象環境と振動・衝撃等の物理的環境があり、これらの環境は単独での影響が及ぼすのではなく、複雑に絡み合った複合環境ストレスとして製品に大きく作用します。IMVは振動試験装置と共に恒温恒湿槽を自社設計・製作しており、メーカーだからできる「振動+温・湿度」の同時制御を実現しています。
また使用用途に合わせ仕様カスタマイズのご相談も承ります。
温湿度環境振動試験装置

お問い合わせ 振動試験装置でお困りの場合(FAQ)

垂直用恒温恒湿槽

垂直用恒温恒湿槽 Syn-3HA-40-V

内圧調整器
内圧調整器

型名:Syn-3HA-40-V
内槽寸法 W1000×D1000×H1100mm
温度範囲 -40℃~+150℃
湿度範囲 20%~95%RH
温度降下時間 +20℃ → -40℃ 60分以内
(曲線勾配)
温度上昇時間 -40℃ → +150℃ 90分以内
(曲線勾配)
複合ドッキングイメージ
複合ドッキングイメージ

垂直用恒温恒湿槽 Syn-6HW-30-V

型名:Syn-6HW-30-V
内槽寸法 W1800×D1900×H1500mm
温度範囲 -30℃~+80℃
湿度範囲 60%~95%RH
温度降下時間 +45℃ → -30℃ 35分以内
(曲線勾配)
温度上昇時間 -30℃ → +80℃ 25分以内
(曲線勾配)

垂直・水平切換式恒温恒湿槽

水平補助テーブルが付属する振動試験装置と組み合わせて使用するシステムです。
水平に移動させるレール機構と、垂直に移動させるリフト機構の組み合わせで、垂直と水平両方向での複合試験が可能です。

垂直・水平切換式恒温恒湿槽 垂直試験時
垂直試験時

垂直・水平切換式恒温恒湿槽 水平試験時
水平試験時

レール機構とリフト機構

レール機構とリフト機構

型名:Syn-3HA-70-VH
内槽寸法 W1000×D1000×H1000mm
温度範囲 -70℃~+180℃
湿度範囲 20%~98%RH
温度降下時間 1℃/分以上(曲線勾配)
温度上昇時間 2℃/分以上(曲線勾配)
オプション(垂直・水平切換式恒温恒湿槽)

付属クレーン

付属クレーン
クレーンのない設置環境でも専用クレーンにより、
供試品の取外し・積み降ろしが安全かつスムーズに行え
ます。

振動発生機移動及びシースルー扉

振動発生機移動機構及びシースルー扉
振動発生機移動機構により、設備スペースを小さくでき
ます。
また、槽内全体を確認できるシースルー扉により、試験中の供試品の確認や操作が可能です。

側面扉

側面扉
側面扉により、垂直試験時に供試品を取り付けた状態で、複合ドッキングが可能です。

多軸用恒温恒湿槽

多軸振動発生機に複合可能な恒温恒湿槽です。供試品の軸替えが不要なので試験時間の短縮が可能です。

2軸用

2軸用 Syn-4HA-40-M

型名:Syn-4HA-40-M
内槽寸法 W1200×D1200×H1000mm
温度範囲 -40℃~+150℃
湿度範囲 20%~98%RH
温度降下時間 +20℃→-40℃ 80分以内
(負荷条件:複合+アルミ60kg)
温度上昇時間 -40℃→+150℃ 80分以内
(負荷条件:複合+アルミ60kg)
3軸用

3軸用 Syn-3HA-40-M

型名:Syn-3HA-40-M
内槽寸法 W1000×D1000×H1000mm
温度範囲 -70℃~+180℃
湿度範囲 20%~98%RH
温度降下時間 +20℃ → -70℃ 40分以内
(曲線勾配)
温度上昇時間 -70℃ → +180℃ 40分以内
(曲線勾配)

大型試験品対応プレハブチャンバー

大きな試験品で、垂直・水平の両方向の複合試験が可能です。

大型試験品対応プレチャンバー Syn-6HA-40-VH

型名:Syn-6HA-40-VH
内槽寸法 W4000×D2000×H2500mm
温度範囲 -40℃~+120℃
湿度範囲 30%~95%RH
温度降下時間 +20℃→-40℃ 120分以内
(曲線勾配)
温度上昇時間 -40℃→+150℃ 150分以内
(曲線勾配)

大型試験品対応プレチャンバー Syn-6HA-40-VH

複合ドッキングイメージ
複合ドッキングイメージ

コントローラー

恒温恒湿槽 操作表示器
  • 8.4インチタッチパネル採用

    8.4インチの大型画面で、ボタンや文字を大きく表示。必要な情報を素早く認識でき、多くの情報を一度に表示できます。

    8.4インチタッチパネル採用

  • プログラム選択

    プログラム名も含めた100プログラム分を本体メモリに保存できるため、運転したいプログラムを簡単に選択することができます。

    プログラム選択

  • プログラムをパソコンで編集

    プログラム設定は、表計算ソフトで編集が可能です。
    設定ファイルは汎用性の高いCSV形式を採用。

    プログラムをパソコンで編集

  • プログラム確認

    プログラム確認画面やStep進捗グラフで、試験の進み具合を簡単に確認できます。

    プログラム確認

システムモニター(オプション)

システムモニターとイーサネットで繋がります。
加振機とチャンバーの試験状態を遠隔監視できます。

システムモニター(オプション)

集中管理システム(オプション)

1か所で複数台の振動試験装置をコントロールできます。

集中管理システム(オプション)

オプション

側面扉や背面扉、シースルー扉など使い勝手を考えたオプションを豊富にご用意しています。

  • シースルー扉

    槽内全体を確認できるシースルー扉により、試験中の供試品の確認や操作が可能
    です。

    シースルー扉

  • 赤外線照射

    自動車のインパネ、ドア、バンパ、カットボディなどの試験が可能です。

    赤外線照射

  • 天井観測窓

    上面から槽内全体を確認できる扉により、上から試験中の供試品の確認や操作が可能です。

    天井観測窓

  • 燃料電池試験用安全対策

    使用用途にあわせ、燃料電池試験用安全対策のご相談も承ります。

    燃料電池試験用安全対策

お問い合わせ 振動試験装置でお困りの場合(FAQ)