定期点検の内容

振動発生機の分解点検調整
振動発生機を分解点検し、内部の状態を確認します。その後、支持機構部品の再調整を行い、必要であれば部品を交換し、工場出荷時の状態と同等になるよう整備します。
  • 支持機構部品の再調整
  • 振動台の絶縁確認、目視点検
  • 励磁コイルの絶縁確認
  • 振動試験機内部の清掃
電力増幅器部の点検
電力増幅器の状態確認、清掃を行います。主要部の電圧電量を測定し、装置に異常がないことを確認します。
  • 端子部の増し締め
  • 内部の清掃
  • 主要部の電圧電流の測定
  • 保護回路の動作確認
システム全体の点検
異常なく最大仕様で動作することを実際に動作させて確認します。
  • 最大動作確認
振動計測部の校正
制御器、ピックアップの校正を実施します。ピックアップの校正では、ピックアップの感度を確認し、変更があれば、お客様にお伝えします。
  • 制御器の校正
  • 加速度ピックアップの校正
校正後、ISO9000認証用の証明書を発行します。
※点検コースにより点検内容が変わりますので、詳細は担当者にご確認ください